少子化と進学塾

現在、日本は少子化問題に悩んでいます。そのため、子どもを相手にする進学塾もその問題に対して真摯に対応せざるを得ない状況となっています。例えば、大手進学塾の中では校舎を7割も閉鎖するという事態に陥ったということも例として挙げられます。そのため、この少子化問題に対して有効な手立てを打っていない進学塾は、下降線を辿ると考えられてもおかしくありません。

進学塾が少子化問題について取っている行動としては、授業料を減額したり、コマ数を増やすことによって満足感を上げるということが挙げられます。また無料体験や無料講習会、さらには理科の実験などのイベントを通して宣伝を行うということをしているところもあるようです。

さらに、子供にかける教育費に対しても目を向けてみましょう。少子化傾向にはあるものの、その分、子ども一人にかける教育費は増加傾向にあるようです。そのため、顧客の心を掴む仕掛けさえ作ってしまえば、まだまだ成長の見込めるビジネスだと言えるでしょう。

少子化問題は進学塾にとってピンチを招きますが、その波を上手く操ることによって、むしろチャンスに繋げられるという見方も出来るようです。もし働くのであれば、このようなところを選びましょう。

Copyright © 働く前に知っておきたい!進学塾のアレやコレ! All rights reserved.