進学塾ビジネスとは

進学塾の特徴として挙げられるのは、その実績によって大きく収益が左右されるという点です。合格実績だけでなく、地元の評判が大切になっていきます。そのため、難関校と呼ばれる学校への合格者を多く輩出している塾には、その翌年に多くの生徒が集まります。その結果、さらに合格者が多くなるというプラスのサイクルが生まれるのです。

現在の進学塾のビジネスモデルは、資本のある大手学習塾が駅前などのアクセスの良い立地に出店をして、テレビやラジオ、インターネットなどで広告宣伝を多く打つことで生徒数を増やすという展開が主流となっています。そのため、個人で行なっていたり、独立形態を取っている進学塾は、苦戦を強いられるというパターンが多いようです。

子どもの学力向上に役立つとされる進学塾。そのビジネスモデルの基本は結果主義という特徴があります。それは合格実績などの数字が積み上がるごとに、それ自体が広告となり生徒数を増やすからです。しかし、近年では多くの資本をもった大手の進学塾が多く出店しているため、個人で行なっているような小さい進学塾は縮小傾向にあります。進学塾で働く際には、このようなポイントも抑えておくことが重要な点となります。

Copyright © 働く前に知っておきたい!進学塾のアレやコレ! All rights reserved.